Tour producer NIWA-san talks a little about his cycling tour producing story


I love these complicated routes. 路地裏のこんなややこしい道が大好き

ツアープロデューサー”丹羽さん”がそのサイクルツアー歴史を少し語ります


I'm Takashi Niwa.

In Cycling Holiday Tokyo, I’m in charge of course producing and guide training.


I have been writing cycling books and hosting cycling tours since I was around 20 years old. Believing that "cycling makes people and the earth happy and healthy".


Cycling Holiday Tokyo started in 2017, and long before that around 1998, I started cycling tours in Japan. It was a time when no one was doing a cycling tour in Japan. At that time, my main tour was off-road mountain bike tour, and in 2002, I started tours in Tokyo because I wanted to expand the enjoyment of cycling.


At that time, from the suburbs, I packed bicycles in vans and bring it to the started/finish at a parking lot in a city park. It was held about once a month.


The tours we have held in Tokyo have the following themes.


  • Classic 3 course of Yanesen, Bunkyo

  • Midnight tour

  • Cherry blossoms at night, cherry blossoms in early morning

  • Plum, Kawazu cherry tree, field mustard

  • Tower ride

  • "Taiyaki" Triangle

  • Water Road tour

  • Bridge tour

  • Illumination ride

  • Autumn leaves tour

  • “Power spot” tour


While that, I was thinking helding a tour which is:


· For visitors to Tokyo / Japan

· In English

・Held every day


To do this, I had to clear 2 things.


・I need other guides.

・Having a base in central Tokyo


was important.



For the guides, wonderful people gathered. Each guide attractively riches up the base course and guide content that I set.

Each guide is very curious and full of hospitality.


Now our base is in central Tokyo. Kanda is not very touristic spot, but there are many small and medium-sized companies, and for that there really are many restaurants. Best place to know the everyday life of Tokyo.

After cycling, you can have lunch and dinner around here and have a better understanding of local Tokyo.


I was going to write about the concept of our Cycling Holiday Tokyo tour course, but story has become long, good for today.


See you next time!


Takashi





Making local friend is one of the fun of cycling. 土地土地の人と仲良くなれるのも、サイクリングの楽しさ


丹羽隆志です。サイクリングホリデー東京では、コース設定やガイド養成を担当しています。


二十歳ごろからサイクリングの本を書き、サイクリングツアーを開催してきました。「サイクリングは人と地球を楽しく健康にする」と信じてのことです。


サイクリングホリデー東京は2017年に始まりましたが、そのはるか以前の1998年頃から、私は日本でサイクリングツアーを始めていました。日本ではだれもサイクリングツアーをやっていなかった頃です。当時はマウンテンバイクでオフロードを走るツアーがメインでしたが、より身近なサイクリングの楽しみを広げたいとの思いから、2002年より東京でのサイクリングを始めました。


当時は郊外から私がバンに自転車を満載し、都心の公園の駐車場をスタート/ゴールにするスタイルで、月に1回程度の開催でした。


開催してきた東京のツアーは、以下のようなテーマです。


定番3コース 谷根千、文京区

中央区

港区

テーマ型 夜中 夏 冬

桜 (夜桜、早朝桜)

梅・河津桜・菜の花

タワーライド

鯛焼きトライアングル

水みちめぐり

橋巡り

イルミネーションライド

紅葉巡り

忠臣蔵の足跡巡り

地形凸凹巡り

パワースポット巡り


そんな中で思い描いていたのが、

・訪日外国人向けに

・英語で

・毎日開催

のツアーです。そのために

・私以外がガイドをすること

・東京都心にベースを持つこと

が重要です。


ガイドについては、とても素晴らしい方々が集まってくれました。私が設定したコースとガイド内容をベースに、各ガイドがより魅力的に肉付けしています。

各ガイドはとても好奇心旺盛で、しかもホスピタリティに溢れた人ばかりです。


東京都心にベースを持つことも実現できました。ベースのある神田は、観光地ではありませんが、中小の会社が多く、そのための飲食店が本当に多くあるところで、東京の日常を知るのに最適なところです。

サイクリングが終わった後、ここでランチやディナーをとると、さらに東京についての理解が深まること間違いなしです。


サイクリングホリデー東京のコースづくりのコンセプトについても書くつもりでしたが、長くなったので本日はこれまで。


続きはまた次回に。


​Top
  • Facebook